こんな時は?

発熱時には

お子さんの発熱と解熱剤の使い方
お子さんは成人と比べてはるかに発熱しやすいという特徴があります。

お子さんの発熱の原因のほとんどはウイルス感染によるものです。ウイルスが体内に侵入すると体はウイルスに対する戦を始めます。ウイルスは熱に弱い特徴があり体はそれを知っていて、まず熱を出して戦おうとします。そのために発熱するのです。だから発熱するという事は、それだけ体力があり、ある意味では喜ばしいことなのです。

熱はウイルスと戦うための大切な武器なのです。熱を下げると言うことは武器なしで戦えと言っていることにもなりかねません。しかし発熱には二面性があり、熱が出ることによって不機嫌になったり、眠れなかったり、極端に食欲が落ちたりします。もしこれらの症状が強く出た時には一時的に戦を休むために解熱剤を使って熱を下げ、次なる戦の体力を確保してあげましょう。

解熱剤の使い方は熱が38.5℃以上あったらとかではなくて、あくまでお子さんの状態が発熱のためかなり「まいってるな」とおもわれた時にのみ使ってください。発熱が38.5℃以上あってもかなり元気で食欲もまずまずあったり、睡眠出来るようだったり、睡眠中の発熱はいきなり解熱剤を使用しないで今少し様子を見てもよいかと思われます。

決して熱を怖がらないでください。発熱は神様が子どもに与えてくださった大切な武器なのです。

発熱で脳が冒されると思いがちですが、特殊な発熱(42℃以上、たとえば悪性過高熱など)以外は発熱のみで脳が冒され、脳に障害が発生する事はありません。発熱後脳がおかしくなったと思われるのは脳自体に病変があって、そのとき高熱を伴っていたにすぎないのです。

発熱というと氷枕やおでこに冷却剤を貼ったりしがちですが、これは解熱効果はほとんど期待できません。ただ局所を冷却する事によって気持ち良いという効果があるくらいです。冷却によって解熱させようとするなら体の80%くらいを冷却するようにしないと解熱効果は期待できません。
発熱時の保温
お子さんの発熱にはじわじわ上昇する発熱と、急激に上昇する発熱とがあります。

急激に上昇する発熱は初期に熱があるにもかかわらず、顔色が悪く、体の中心は熱いのに手足は冷たいことがよくみられます。これは熱の分利と言われる現象でしばらくすると手足も暖かくなり顔色も良くなってきます。

このように急激な発熱の初期は厚着をしたり毛布でくるんだりして保温に努め、熱が全身に行き渡ったら少し下熱を目的として熱の逃げ場を作る意味で薄着にしてくるんでいた毛布なども取ってあげてください。

発熱するとすぐに保温と考えるのではなくて、熱の分利があるときは保温し、発熱が全身むらなく行き渡ったときは少し熱が逃げる道を開けてやって下さい。厚着をさせるよりも室温の調節を心がけてください。
発熱と入浴
高熱時(38℃以上)は入浴はさけて下さい。38℃以下で元気が良く食欲もあり嘔吐やひどい下痢がないときは短時間の入浴はさしつかえありません。

ただし、とびひ、おでき、外傷があって発熱が認められる時は入浴はさけて下さい。発熱がなく鼻汁や鼻閉がある時は寝る前にぬるめのお風呂で長時間の入浴をおすすめします。
熱の測りかた
熱の様子を教えて下さい。
いつ、何度くらいあったか?は大切な情報です。忘れないでメモしておいて受診時に教えて下さい。

◆どこで測るのか?

・わきの下で測るのがよいでしょう。
・肛門で測る場合は、わきの下よりも0.5~1.0℃ほど高くなります。
・首のところで測る場合は、部屋の温度の影響を受けることがあります。
・耳で測るのはきわめて不正確です。参考程度にして下さい。

◆水銀体温計と電子体温計

・水銀体温計が一番正確ですが、5分以上はさんでおくことが大切です。
・1分ほどで測れる電子体温計はとても便利ですが水銀体温計よりいくぶん高く(低く)出ることがあります。

◆正常体温

・乳児 36.3~37.4℃
・幼児 36.5~37.4℃
・学童 36.5~37.3℃

◆健康なこどもの体温

・体温は一日中同じ体温ではありません。朝は低めで夕方は高めです。
・運動をしたり食事をしたあとは体温がたかくなります。
・赤ちゃんは厚着や暖房などの影響で、高く測れてしまうことがあります。
 おかしいなと思ったらしばらくしてもう一度測ってみましょう。

◆熱がある?平熱?

・平熱がどのくらいかを知っておきましょう。
 元気なときに1日4回(朝、昼、夕方、寝る前)、食事前の安静な状態での体温を測ります。
・平熱より1℃以上高ければ熱があると考えて良いでしょう。

下痢・嘔吐時には

下痢・嘔吐時には
毎年冬になると、乳幼児の嘔吐下痢症が流行します。いわゆる胃腸かぜです。

かぜには大きく分けて2種類のビールスがあります。一つは、普通に言われる風邪で咳や鼻汁や発熱を来すもので呼吸器粘膜に取り付くものです。もう一つは下痢・嘔吐を来すもので胃腸の粘膜に取り付くエンテロビールスに属する風邪です。その代表的な物がロタウィルスです。

突然の嘔吐で発症し、次いで激しい下痢となります。下痢は徐々に水様白色となり、昔はこれを白痢とか小児仮性コレラとか疫痢と呼んで非常に怖がられた病気です。昔はこれによる脱水で多くのお子さんの命が奪われました。

この病気で最も注意を要するのは脱水です。嘔吐のあるときの水分補給はよほど注意しないとさらなる嘔吐を引き起こしさらに脱水が進行する可能性があります。複数回の嘔吐があれば直ちに受診してください。

くすりの飲ませ方

乳児
水薬はそのままで、粉薬は少量の水分でペースト状にして与えます。溶かすときに一口で飲める量にしましょう。

1回分のミルクに混ぜると飲み残しなどで正確に1回分のお薬を飲ませることができないことがあります。ミルクに混ぜるときは少量のミルクに混ぜてまず薬を飲ませ、その後で残りのミルクを飲ませましょう。
幼児
水薬も粉薬もそのままでなるべく飲ませましょう。薬である事を認識させた上で飲ませる習慣をつけましょう。ごまかして飲ませる方法は長続きしません。

牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどに混ぜると薬の味がやわらぎます。服薬用ゼリーを使うのも良い方法と思います。水薬を凍らせて与えるのもよいでしょう。
お薬はいつ飲ませるのか?
たとえば、1日3回食前というのは、1日3回は食事をするだろうからその時間をめやすに飲ませてくださいという意味で、食事をとるとらないはお薬を飲ませることとは無関係なのです。

理想的な飲ませかたは、8時間毎に飲ませることです。この方法がお薬の効果を最大限に引き出す事になります。

食前にお薬を飲ませる意味は食後満腹の時に飲ませると、せっかく食べた物を吐く事につながる可能性があり、お薬のきらいなお子さんをさらに薬ぎらいにしてしまうからです。